・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本文へジャンプ


食育・・・生きることは食べること

 食事は心の栄養です。保育の中に食育を取り入れ、身近な食材に触れ合う機会を作っています。

 『食事作りのお手伝い』『畑での野菜収穫』『親子クッキング』など行っています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                                        
給 食                                                                     
 

豊田市立こども園の基準に合った献立です。

給食せんたー方式ではなく、子ども達が調理している人を見て、食材を切る音を聞いて、匂いを感じとることのできる調理室を持っています。
食材は、生活クラブ生協と、地元の大岩さんが作って下さる市内の畑からの直送野菜が中心です。

保育室まで漂ってくる香りに、子ども達は「今日はなぁに?」と給食やおやつが楽しみな様子です。

食事に入る前に、固い物【昆布・小魚・スルメなど】を咀嚼し、唾液を十分に出します。
食事には順序があります。
1.野菜類 2.ご飯、汁物 3.肉、魚類
できるだけ野菜を食べられるように配慮しています。

やや少なめに配膳し『全部食べれた!』という気持ちを大切にしています。





お や つ

3時のおやつは、果物や手作りのものです。手作りのおやつは、果物や野菜などを使った栄養のあるものです。
お菓子類は控え、たまにのお楽しみ程度にしています。
また、5時頃にも夕食に響かないよう程度のおにぎりとお野菜(野菜スティック等)の軽食お食べます。

  ★保育時間が11.5Hの子どもさんには、一日の栄養摂取量のおおよそ50〜60%を摂取できるようにしています
  ★毎月月初めにおたよりと一緒に献立表を配布します。その日の食事量は『あゆみのノート』に記載したり口頭でお伝えしています。
    お子様がどんな食事をしているのか参考にしてください。


  ★
離乳食時期のお子様には、それぞれの段階や月齢に見合うもの用意しています。また、食物アレルギーのあるお子様には個別に
    対応しますので、
    安心してご相談ください。


  ★食中毒の感染を防ぐために食前の手洗いや消毒を行っています。

  
保育の中に食育を取り入れ、身近な食材に触れ合う機会をつくっています。
  『子どもクッキング(食事づくりの簡単なお手伝いを保育士と行います)』 『畑の野菜の収穫』『田んぼで遊ぼう』
 『味噌作り』 など

 ☆給食メニュー例はコチラ☆

←トップページへ戻る
←園の一日へ戻る